東京都版トップページ

東村山市のご案内

武蔵野台地のほぼ中央に位置する東村山市(ひがしむらやまし)は、同市の出身者である志村けんの「東村山音頭」によって、全国的に市名が知られています。江戸時代以降は、狭山丘陵から流れる空堀川や伊豆殿堀とも呼ばれた野火止用水から水利を得て、畑作が盛んな地域でした。高田馬場駅まで西武新宿線で最短22分という地の利からベッドタウンとして開発が進んでおり、近年急速な都市化の進展による住宅地拡大により、農地を含む緑が減少傾向にあります。東村山市は、全国で初めて、時間外でも住民票の写しなど、証明書の受け取りや手数料の支払いができる電子ロッカーの利用を開始しました。また、納豆生産量は年間22万トンに及ぶといわれており、その生産量は、日本第2位となっています。東村山市の観光・スポットは、徳蔵寺、正福寺、八国山緑地(トトロの森)、久米川古戦場跡、狭山自然公園、北山公園菖蒲苑、野火止用水などがあります。東村山市の祭り・イベントは、春・秋のみどりの祭典、北山公園菖蒲まつり、久米川阿波踊り・八坂神社祭礼、市民大運動会、市民産業まつり・市民文化祭などが行われています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.