埼玉県版トップページ

八潮市のご案内

八潮市(やしおし)は、埼玉県の東南部にある人口約7万8千人の市で、さいたま市、川口市に次ぐ県有数の工業地域。中川低地の南端に位置し、中川と綾瀬川にはさまれた自然堤防と後背湿地からなっています。鎌倉時代からは、大小の河川に囲まれた八潮周辺は年貢などの物資を運ぶために様々な舟が行き交うようになり、定期的な市も開かれ一層発展していきました。江戸時代には八條・葛西用水路の開削、利根川や綾瀬川の流路開発にともない、安定した米の収穫地となり、また明治以降には農閑期の副業として、豊富な水の流れを活かした型付けや藍染めなどの染色も盛んに行われました。2005年8月24日、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線八潮駅が開業し、東京の秋葉原まで約20分余りと、より交通の便のよいまちとなりました。1988年7月1日、埼玉県下初の生涯学習都市宣言を行っています。また1994年4月から生涯学習まちづくり出前講座を全国に先駆けて始めました。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.