埼玉県版トップページ

久喜市のご案内

久喜市(くきし)は、埼玉県の北東に位置する人口7万超の首都圏のベッドタウン。久喜駅ではJR宇都宮線と東武伊勢崎線が交わり、東北自動車道の久喜インターチェンジがあるなど、交通の便にも恵まれています。かつて古河公方が隠居して以来、久喜市は流通の要衝として栄えてきました。久喜IC近くには工業団地もあり、その拠点性は今も引き継がれています。江戸時代には日光街道への道筋や、常陸・下総方面への道が通じていたことから産業が発達し、職人や商人の街として、 物資流通が盛んに行われます。市街地から外に出れば、湿潤な平坦地を生かした田園地帯が広がり、稲作のほか梨やぶどうなどの果樹栽培が盛んです。久喜市は、220余年の伝統を誇り、毎年7月に盛大に行われる提燈祭り・天王様で知られており、当日は関東一といわれる提燈山車が、賑やかなお囃子とともに曳き廻されます。特に、各町内合わせて6台の提燈山車が一同に集まる夜は、夏の夜を彩るイベントとして最大の見どころとなっています。また、その他にも、春のれんげ祭り、秋の市民祭りと各季節を通じて大きなお祭りがあり、地域に伝わる伝統芸能や史跡などの貴重な文化財も数多く残されています。地元物産として提灯祭りにちなんだ「ちょうちんサブレ」を市内協力店で販売。また、市内にある洋菓子店が販売する「久喜クッキー」も名前のインパクトから話題になりました。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.