埼玉県版トップページ

桶川市のご案内

桶川市(おけがわし)は、埼玉県の中東部にある人口約7万5千人の市。江戸から10里、近隣からの農産物の集散地という地の利を得て、人々が自然に集まってくるため、中山道の宿場町・桶川宿として栄えました。現在でも中山道には蔵作りの建物など宿場時代の面影を残しています。江戸時代、桶川は紅花を初めとする農作物の集散地兼宿場町として栄え、特に紅花は桶川臙脂(おけがわえんじ)としてその名を知られ、幕末になると山形の最上紅花に次いで全国で二番目の生産量を誇りました。現在の神明、朝日、上尾市の上など桶川郷一帯の畑は最上地方に比べ温暖な気候のため早く収穫ができたことから早場ものとして喜ばれました。桶川市では、ふるさと創生事業の一環として「べに花の郷 桶川市」のキャッチフレーズを掲げ、紅花をシンボルとしたまちづくりを行っています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.