埼玉県版トップページ

熊谷市のご案内

熊谷市(くまがやし)は、2005年10月1日に熊谷市と大里郡妻沼町、同郡大里町が新設合併し、新たに熊谷市が設置されました。また、2007年2月13日には大里郡江南町を編入し、埼玉県北部では初の20万人都市となりました。江戸時代には中山道の宿場・熊谷宿が置かれ、宿場町として栄えました。埼玉県北部地区を代表する都市であり、業務核都市に指定されています。農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位であり、埼玉県北部における経済上の一大拠点をなしています。一年のうち最も日照が多い地域の一つで、2007年8月16日14時42分には日本国内の最高気温となる40.9度を観測しています。また、市ではこの暑さをまちづくりに利用すべく「あついぞ!熊谷」熊谷新時代まちづくり事業が展開されています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.