大阪府版トップページ

箕面市のご案内

箕面市(みのおし)は、大阪府の北西部に位置し、市域の3分の2が緑に覆われています。大阪市の都心部から20キロメートル圏内にあり大阪都市圏のベッドタウン、高級住宅地として、また、美しい滝ともみじに代表される明治の森箕面国定公園の豊かな自然と落ち着いたまちなみが調和した住宅文化都市として発展しています。歴史資源としては、弥生時代の如意谷銅鐸、延喜式内社として位置づけられた伊那都比古神社や阿比太神社、奈良時代北摂地方の仏教文化の中心で聖(ひじり)の集う寺院となった瀧安寺(箕面寺)や勝尾寺などがあります。勝尾寺は、その名前の由来にもあるように、勝運祈願の寺として受験生などの参拝客を集めており、特に、正月三が日は大変な混雑を見せています。阪急電鉄箕面線箕面駅から瀧安寺、箕面滝にかけては観光地として発展しており、大滝と川沿いの紅葉が観光の目玉で、もみじの天ぷら、箕面地ビール、箕面焼などが有名です。また、野生のニホンザルでも知られており、1954年に大阪市立大学の川村俊蔵教授が、箕面のサルの餌付けに成功しました。1955年5月1日に野猿の箕面山自然動物園が開設され、箕面の猿が有名になり、1956年12月28日には、都市部に最も近い野生のニホンザル群の生息地であるということで箕面山ニホンザル生息地が国指定の天然記念物として指定されています。ちなみに、ミスタードーナツ日本1号店があり、現在も営業をしています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.