大阪府版トップページ

和泉市のご案内

和泉市(いずみし)は、大阪府の中南部に位置する市で、和泉国の国府があった事から、「和泉町」と名付けられ、その後、周辺町村を合併し「和泉市」となりました。市域は全域和泉国泉郡に属し、国府の他に国分寺と総社もあり、和泉国の中心地域となりました。江戸時代の「和泉木綿」以来の伝統を持つ繊維工業をはじめ、人造真珠、ガラス細工、花卉栽培(主に栽培しているのは市の花でもあるスイセンとキク)などが盛んで、南部の山間部は丘陵地帯を利用した温州みかんの栽培で知られています。1995年4月に「和泉中央駅」の開業と「桃山学院大学」の開校を実現し、1998年には人口が17万人を超えました。「和泉中央丘陵整備事業」、「和泉市和泉コスモポリス土地区画整理事業(テクノステージ和泉)」、「和泉府中駅前再開発事業」等の大プロジェクトも進行しつつあり、近い将来、20万都市になる可能性が十分にあると言われています。毎年10月に行われる秋祭り、和泉だんじり祭・子供だんじりは、知名度では、「岸和田だんじり祭り」には及ばないものの、年々盛大になってきており、なかでも、18台のだんじりが一所に会する「和泉だんじり大連合」は見ごたえがあります。歴史資源として、弥生環濠集落池上曽根遺跡、黄金塚古墳、和泉国府跡、松尾寺、槇尾山施福寺、聖神社、伯太藩、安倍晴明の母で狐の化身と言われる葛の葉の伝承がある信太森葛葉稲荷神社があります。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.