大阪府版トップページ

寝屋川市のご案内

寝屋川市(ねやがわし)は、大阪府北東部にある市です。特例市の中で最も面積が狭く、二番目に人口密度が高い大阪市のベッドタウンです。東部丘陵には石宝殿古墳や高宮廃寺跡など、北河内地域を代表する多くの遺跡や古墳が点在し、西部平坦地は穀倉地帯として発展しています。中世前期には皇室領荘園、後期には室町幕府領が存在し、以降、大阪、京都の中間に位置する近郊農村、戦後の高度経済成長期には全国屈指の人口急増都市となりました。未来的な都市開発として、「寝屋川市におけるゲーム・CGを活用したまちづくり〜ゲームでつくる人・まち・みち〜」構想策定調査が、2005年度全国都市再生モデル調査において選定され、他に地域通貨に関わるものも都市再生特区となっており、先進的事例が集中しています。「御伽草子」にある「寝屋長者・鉢かづき姫物語」の舞台であり、「はちかづきちゃん」が市のマスコットキャラクターとなっています。寝屋川市の観光・スポットは、車ごと祈祷をする交通安全祈祷で有名な成田山大阪別院明王院(成田山不動尊)や、聖母女学院校舎、淀川河川敷公園、寝屋川公園、打上川治水緑地、寝屋川治水緑地、南寝屋川公園、ABC公園、などがあります。特産品は、鉢かづきちゃん物語(まんじゅう)、大葉、まんだ蕎麦、温州みかんジュース、青じそゼリーなどがあり、なかでも大葉は、市内の打上地区で水耕栽培により生産され、生産者自ら出荷規格の厳守に努めて高品質を保っており、府内の市場で大きなシェアを占めています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.