大阪府版トップページ

茨木市のご案内

茨木市(いばらきし)は大阪府の北部、大阪市及び京都市の中間に位置する市で、特例市に指定されています。平安時代に入ってからは、市の北部を東西に走る西国街道の往来が盛んとなり、江戸時代には参勤交代などに利用され、大名などが宿泊した椿の本陣が今も残されています。現在は、名神高速・近畿道などの陸上交通の結節点にあたることから、交通の便もよく、郊外住宅都市・工業都市として発展しています。特産品は三島うど、竜王みそ、しいたけなどです。全国でも有数の古墳群地帯であり、太田茶臼山古墳、阿武山古墳などのほかにも、木造如意輪観世音菩薩坐像と木造四天王立像四躯が国の重要文化財となっている大門寺や、倍賀春日神社、竜仙峡、茨木神社、總持寺、茨木市立川端康成文学館など、観光スポットも豊富にあります。また、江戸時代には隠れキリシタンの里が市の北部山間部にあり、千提寺にある茨木市立キリシタン遺物史料館には当時のものが展示されています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.