大阪府版トップページ

堺市美原区のご案内

美原区(みはらく)は、堺市を構成する7行政区のうちのひとつ。2006年4月1日に、堺市が政令指定都市に移行し、旧南河内郡美原町の区域を以って美原区となりました。高速道路のインターチェンジや幹線道路が集中し堺市の東玄関であるとともに南河内の要所でもあります。美原区域は、飛鳥時代の難波宮と飛鳥京を結ぶ日本最古の官道「飛鳥道」(竹内街道)に北端を接し、日本書記に黒山の地名が見られるように、大和朝廷の時代から、和泉(堺)と大和を結ぶ交通の要衝として、繁栄してきました。黒姫山古墳(くろひめやまこふん)は、大阪府堺市美原区黒山に存在する5世紀中頃築造と考えられる前方後円墳で国指定史跡となっています。中世・鎌倉時代には、河内鋳物師(かわいちもじ)と呼ばれる鋳造技術者集団が、東大寺再興や鎌倉大仏の鋳造などで活躍し、今なお全国の鋳物師発祥の地として伝えられています。後に河内鋳物師たちは堺に移り住み時代を動かした鉄砲を製造するようになりました。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.