大阪府版トップページ

大阪市都島区のご案内

都島区(みやこじまく)は、大阪市を構成する24区のうちのひとつで、南部は京橋駅を中心とした繁華街、北中部は住宅地になっています。現在北部を中心に高層マンションの建設が盛んです。藤田美術館は、東洋古美術を中心とした私立美術館です。実業家で男爵であった藤田伝三郎、その長男の藤田平太郎、伝三郎の二男の藤田徳次郎のコレクションを展示しています。現在の藤田美術館には国宝9件、国の重要文化財50件を含む名品が5000点所蔵されています。毛馬桜之宮公園は、毛馬洗い堰から天満橋までの河川敷を利用した、水と緑と桜の河岸公園です。造幣局などのレトロ建造物の他、水の広場、遊歩道などがあり、散策ジョギングにも最適です。約4700本の桜並木が続き、花見の名所としても知られています。また、京橋グランシャトービルは、総合レジャービルです。奇抜な外観と関西人なら誰もが知っているというCMによって関西一円に知られています。江戸後期の俳壇を革新し南宗画を開拓した与謝蕪村は、1716年、摂津国東成郡毛馬村(現都島区毛馬町)に生まれました。俳諧では早野巴人の夜半亭を継ぎ、感性的・浪漫的な俳風を生み出し、芭蕉と並び称されています。淀川左岸堤防上に建つ蕪村の句碑は、「春風馬堤曲」の「春風や堤長うして家遠し」の句を蕪村の筆跡で刻んだもので、淀川改修百年記念として1980年に建てられました。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.