大阪府版トップページ

大阪市東成区のご案内

東成区(ひがしなりく)は、伝統的なものづくり、ものづくりの老舗やベンチャー企業の活動など、ものづくりに関わる人材や技術などが豊富な「ものづくりのまち」としての特徴があります。暗越奈良街道は、大阪から奈良に通じる旧街道、暗越奈良街道です。今から約500年前に開かれ、幕末には「おかげ参り」で日に数万人の人々が歩いたといいます。大今里3丁目付近は、街道の風情を伝える町家があります。東成で笠といえば菅笠で、江戸時代、大阪からお伊勢参りに向かう人々が深江で笠を買ったことで有名です。笠づくりの歴史はずっと古く2000年におよび、天皇の即位や伊勢神宮の式年遷宮に使われる儀式用の笠も作った、由緒正しい産地です。夏の祭りといえば、だんじりです。比賣許曽神社には東小橋のだんじりが、八坂神社には中道、八王子神社には中本、八王子神社の御旅所には西今里、熊野大神宮には東今里と神路、深江稲荷神社には深江のだんじりが巡航してきます。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.