宮城県版トップページ

栗原市のご案内

宮城県の北部、西側にあり、北に岩手県と境界を接し、北西端で秋田県とも接する市です。2005年(平成17年)4月1日、築館町、若柳町、栗駒町、高清水町、一迫町、瀬峰町、鶯沢町、金成町、志波姫町、花山村の栗原郡10町村が合併し誕生しました。栗原市は、約800平方キロメートルと宮城県内でもっとも広い面積を誇り、自然と四季のうつろいが大変美しい高原都市です。北西部は山地、中部・南東部では河川沿いの低地と丘陵線が東西に伸びて入り混じっており、低地部分のほとんどは水田として利用されています。栗駒山を含む栗駒山地は国定公園に指定されており、伊豆沼と内沼はラムサール条約の日本の登録湿地となっています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.