神奈川県版トップページ

横浜市旭区のご案内

旭区(あさひく)は横浜市の西部に位置し、帷子川やその支流の源流域になっており、起伏の多い地形です。1950年代から、横浜市中心部や京浜工業地帯への通勤者のベッドタウンとして宅地化が進み、丘陵地や農地に万騎が原、上白根、左近山、ひかりが丘、横浜若葉台団地などの大規模団地が造成され人口が激増しました。区内を南北に二分するように流れる帷子川の周辺や丘陵地には豊かな自然が残っており、よこはま動物園やこども自然公園、市民の森、ふれあいの樹林など多くの公園や緑地が多いのが特徴で、憩いの場として親しまれています。また、鎌倉時代の武将畠山重忠ゆかりの史跡をはじめとして、古民家や名木・古木などがあり、旭区の歴史の歩みを伝えています。なお、鶴ヶ峰・二俣川駅周辺は副都心として位置づけられ、再開発事業などにより業務・商業施設などの整備が進められています。1999年4月には日本最大級のよこはま動物園ズーラシアが開園しました。乳業界準大手・中堅のタカナシ乳業の本社所在地でもあります。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.