兵庫県版トップページ

淡路市のご案内

淡路市(あわじし)は、兵庫県の南部、瀬戸内海に浮かぶ淡路島の北端から中央部にかけて位置する市です。2005年4月1日、津名郡津名町、津名郡淡路町、津名郡北淡町、津名郡一宮町、津名郡東浦町が合併し誕生しました。松帆神社は、厄除八幡として信仰をあつめている神社です。楠木正成が守護神としていた八幡大神を主神としてお祀りしています。正成遺愛の太刀と伝えられ、国の重要美術品となっている「菊一文字」が有名です。北淡震災記念公園では、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の足跡とも言える「野島断層」を当時のまま保存展示しています。震災体験館ではあの地震の揺れが40秒間体験でき、映像シアターではその時の模様を見ることができます。また、風力発電施設も併設しており、自然の脅威だけでなく自然の恵みも見ることができます。伊勢の森神社で4月に行われる「はしご獅子」は、約240年の歴史がある祭りで、 家内安全、豊作を祈る行事です。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.