兵庫県版トップページ

加西市のご案内

加西市(かさいし)は、兵庫県の南部に位置する市です。市指定文化財の「五百羅漢」は、羅漢寺の中にあります。大分県耶馬渓山、山梨県吉沢の羅漢とともに全国的に有名な石仏であり、古くから「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」とうたわれ、面貌の異なる石仏の中に、必ず親や子に似た顔があると言われています。素朴で表情豊かな野の仏として多くの人々に親しまれています。また、一乗寺には国宝の三重塔があります。「フラワーセンター」は、46ヘクタールの園内いっぱいに咲き乱れる美しい花々の楽園です。30万本のチューリップが咲く大花壇、めずらしいランやベゴニアを一年中楽しめる東洋一の大温室、家族の憩いの場噴水公園など、見所いっぱいです。また毎年3月中旬から5月初旬には、チューリップフェアが開催されます 。住吉神社で桜の季節の訪れとともにはじまる「北条節句まつり」は優美さと勇壮さが織りなす華やかな春の祭りとして有名です。播磨三大まつりの一つに数えられ、長い伝統を引き継いでいます。加西市農協がマスカットベリーAを種なし処理したものを「ゴールデンベリーA」と命名し市場出荷しており、全国的に加西ぶどうは有名です。8月から9月店頭に並びます。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.