兵庫県版トップページ

豊岡市のご案内

豊岡市(とよおかし)は北部に位置する市で、兵庫県で面積が一番大きな市です。2005年4月1日に、城崎郡城崎町、竹野町、日高町、出石郡出石町・但東町と対等合併し誕生しました。かばん(バッグ)の生産地として広く知られています。海に面しているところでは海水浴場、山ではスキー場、また温泉地などのレジャー施設が非常に多くあります。県立コウノトリの郷公園は、コウノトリの保護と増殖、野生復帰に取り組む拠点施設です。広大な敷地の園内に、コウノトリの生態が観察できる公開ゲージなどがあります。玄武洞公園の玄武洞は、160万年前に起こった火山活動によって、山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です。6000年前、波に洗われて姿を現し、人が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられて不思議な美しさを見せています。1931年2月20日に国の天然記念物に指定されました。柳行李の伝統から始まった豊岡のかばん産業は、地域で育まれた匠の技と文化を引き継ぎ、今も全国最大のかばん産地として発展しています。出石焼は、国の伝統工芸品に指定されています。透き通るような白磁と繊細な彫刻から生まれる美しさが魅力です。城崎温泉では、駅舎温泉さとの湯、一の湯、御所の湯、まんだら湯、地蔵湯、鴻の湯、柳湯の七つの外湯めぐりが有名です。「温泉祭り」や「秋祭り」などのお祭りが行われます。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.