北海道版トップページ

三笠市のご案内

明治元年(1868)に、幌内で燃える石「石炭」の炭層の露出面 が発見され、明治12年(1879)幌内炭鉱が開坑されるとにわかに人の往来が盛んになり、明治15年(1882)6月に市来知村が開村されました。この年の6月に、北海道開拓を目的として空知集治監(現在の刑務所)が、市来知に設置され、11月には幌内炭坑から掘り出された石炭を輸送するための鉄道が幌内と手宮(小樽)間に北海道で最初に開通しました。明治19年(1886)には、幾春別炭坑が開坑し、以後石炭のまちとして栄えます。しかし、炭鉱の相次ぐ閉山により人口が激減。北海道で最古の坑内堀炭鉱の一つである北炭幌内炭鉱が1989年に閉山したことで、経済が著しく衰退しました。現在は工業、農業が基幹産業となっています。桂沢湖周辺からはアンモナイト化石やエゾミカサリュウ(国の天然記念物に指定)等の化石が発見され、アンモナイト化石のまちとしても注目を集めています。北海道の盆踊りで使用される曲である「北海盆唄」発祥の地でもあります。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.