福岡県版トップページ

筑後市のご案内

筑後市(ちくごし)は、福岡県南部の筑後平野の中央に位置するほぼ平坦な田園都市です。水田天満宮は、太宰府天満宮と縁深く、太宰府天満宮の荘園「水田の荘」の守護神といわれ、太宰府に次ぐ九州二大天満宮として人々の信仰を集めています。10 月25日の神幸祭に奉納される稚児風流(ドンキャンキャン・ドイカンカン)は、6才から12才位までの氏子の子供たちが、きんらんと緋ちりめんの装いに頭にシャグマを被り、御幣と花布団で飾った大太鼓を中心に、連、鐘、鼓などを笛のリズムに合わせて打ち、町内を練り歩き、五穀豊穰を祈願する神事で、県無形文化財に、境内は「水田の森」として天然記念物に指定されています。境内末社の恋木神社は、末社の恋木神社も「恋」の神社として有名です。久留米絣は、 有馬藩の城下町に住んでいた井上伝によって、1800年ごろ考え出された市の伝統工芸品です。生産者の熟練や経験、高度な技術が要求されるため、国は1957年にその技術が重要無形文化財に指定されました。矢部川河畔には船小屋温泉郷があり、泉質は含鉄炭酸泉で、その含有量は日本一といわれており、浴用、飲用による薬用効果も高いと評判です。天然記念物の源氏ホタルの生息地としても知られています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.