福岡県版トップページ

福岡市城南区のご案内

福岡市城南区(じょうなんく)は、福岡市を構成する7区の行政区の一つです。1972年に福岡市が政令指定都市になった当初は西区の一部でしたが、1982年に西区、早良区、城南区の3区に分割されました。油山観音正覚寺には、国指定重要文化財である木造聖観音坐像があります。寺伝では、6世紀にインドから渡来した清賀上人の開山によるとされ、清賀上人は山に自生するツバキの実から油を搾って諸寺へ配ったことから油山の名がこの地についたと言われています。油山は、城南区の南端に位置し、都心からも10キロメートルほどの距離にある市民の憩いの場です。山登りや自然観察、史跡探訪などの魅力と緑にあふれています。友泉亭公園は、筑前黒田家第六代藩主継高が1754年に別邸として設けた友泉亭を、池泉廻遊式の純日本式公園として整備されました。約1ヘクタールの園内には、本館と二つの茶室、数百匹の鯉が戯れる池があって、まわりを7千本もの樹木が囲み、四季のうつろいを楽しめる空間です。田島八幡神社の境内には、樹齢数百年のクスやイチョウの大木があり、地元の鎮守の杜として親しまれています。祭神は應神天皇、神功皇后、玉依姫で、川向こうの友泉亭にあった若八幡を合祀しています。毎年7月には福岡市無形民俗文化財指定の夏祭り、田島神楽が行われます。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.