千葉県版トップページ

匝瑳市のご案内

2006年に八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併して誕生した県北東部にある匝瑳市(そうさし)。市の北部は、谷津田が入り組んだ複雑な地形の台地部となっており、里山の自然が多く残されています。南部は、白砂青松の続く九十九里海岸に面した平坦地で、市街地を除いたほとんどが田園地帯であり、みどり豊かなまちとしてのイメージが定着しています。市区域のうち、旧八日市場市は植木(苗木)の産地として有名で、植木の栽培面積が日本一となっています。また、匝瑳市で生産されている大浦ごぼうは、日本一太いごぼうとして有名です。また、日本最古の大学とされている飯高檀林を有していたり、日本で唯一の縫箔職人(ぬいはくしょくにん)がいたりと、稀有な特徴のあるまちです。小高の裸参り、松山神社の神楽、植木振興まつり、駒まね・市場まつり、大浦盆踊り花火大会・八重垣神社の祇園祭、よかっぺ祭りなどのイベントが行われています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.