千葉県版トップページ

八街市のご案内

千葉県北部に位置する八街市(やちまたし)は、落花生の町として全国的に知られています。近年では東京や千葉市のベッドタウンとして急速に宅地化しました。八街市は、幕府の馬牧場であった柳沢牧・小間子牧の開墾地を中心に、明治から昭和にかけて、隣接の町村の合併を経て形成されていきました。古くから農業中心の田園都市として歩みを続け、明治期の鉄道開通をきっかけに、農産物の集散地として発展してきました。らっかせいや西瓜に関しては、全国有数の産地として知られ、農業産出額は県内第2位。土壌が落花生育成に最適なことから、日本一の品質ともいわれています。寝姿の釈迦に似た山(寝じゃか)、日枝神社、皇産霊神社、本源寺、陸軍飛行場跡の碑、新蔵寺などの観光スポットがあります。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.