千葉県版トップページ

千葉市花見川区のご案内

千葉市の北西部に位置し、南北に長い形状の花見川区は、千葉県天然記念物、千葉市の花でもある古代ハス「大賀ハス」発祥の地です。区の中心には、区名の由来となった花見川が流れています。花見川区には豊かな緑と流域の自然を活かした花島公園をはじめ、農作業の体験学習なども行えるふるさと農園などがあり、人と自然がふれあえる場として多くの市民に親しまれています。また、花見川流域に広がる農地では、野菜を中心とした都市型農業が営まれており、農業生産の重要な役割を担っています。内陸部には製造業を中心とした工場が進出し、工業団地を形成しているほか、南部にはJR総武線や京成線が通り、JR検見川駅・幕張駅周辺には商業施設が集積しています。JR幕張本郷駅周辺は幕張新都心の玄関口として発展をつづけているところです。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.