千葉県版トップページ

館山市のご案内

房総半島の南端に位置する館山市(たてやまし)は、波静かな館山湾と黒潮おどる太平洋に面した南房総の中心都市です。緑豊かな館山市は、県立館山野鳥の森が「森林浴の森100選」、平砂浦海岸付近は「白砂青松100選」・「日本の道100選」にも選ばれています。陸地と繋がっている周囲1キロ程の沖ノ島を有し、夏には海水浴または磯遊び、釣等海の公園としてにぎわいます。沖ノ島公園周囲はサンゴの北限で、ダイビングでも人気があり、また、景観の良さでも有名です。このようなことから、館山市は夏の海水浴を始め、ポピーやストック、菜の花が咲き乱れる1月から3月にかけての花摘みやイチゴ狩りのシーズンには、多くの観光客で賑わいを見せます。中世の頃には、戦国武将里見氏がこの地を治めており、曲亭馬琴作の南総里見八犬伝の舞台になったこの地には、今でも里見氏の史跡の数々や八犬伝のロマンが香る史跡が残されています。館山市は、このような観光のまちの姿を持つ一方で、半導体製造のようなハイテク産業なども盛んに行われています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.