愛知県版トップページ

西尾市のご案内

西尾市(にしおし)は、愛知県の中央を北から南へ流れる矢作川流域の南端にある市で、抹茶の生産地として知られています。西三河南部地域の中核都市として自動車関連産業の発展とともに着実に成長を続けてきました。一方で矢作川がもたらす豊かな土壌と温暖な気候は、農作物の生産にも最適で日本有数の生産量を誇る抹茶や洋ランの栽培、また植木や花きなどの特産物でも「花の王国・愛知」を支えています。抹茶、特に碾茶(てんちゃ)の生産は、全国生産量の約2割を占め全国トップクラスです。また、胡蝶蘭など洋ランの生産高は日本一を誇り、バラやカーネーションなどの他、観葉植物や植木栽培も盛んです。歴史の中に「西条城」が登場するのは承久年中、足利義氏によって築城されたといわれています。鶴城とも呼ばれ明和元年、松平家の居城となり西尾藩領は六万石の城下町として賑わい、その名残は有形無形の形で今も大切に残され、三河の小京都として認められています。名所・旧跡・観光スポットとしては、上永良神明社の大椎の木 西尾市岩瀬文庫、久麻久神社本殿、森下万歳(三河万歳・御殿万歳)などがあります。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.