愛知県版トップページ

名古屋市天白区のご案内

天白区(てんぱくく)は、名古屋市の東部に位置しており、住宅地の性格が強い区です。現在では大規模な農地は無くなり、住宅街の中に点々と畑が残され近郊農業が行われていて、にんじん、たまねぎ、ばれいしょなどが出荷されています。特産品に天白にんじんがあるように、天白区は古くから農業が盛んな地域ではあるものの、緑区よりも宅地化、区画整理は進んでいます。区の中央部には、日進市を源流とする天白川が流れ、河川敷の天白川緑道は四季を通じ散歩を楽しむ人々が訪れます。区の南西部にある相生山緑地には、緑地内の雑木林などで自然とふれあうことができるオアシスの森が整備され、様々な活動も行われています。また、区の南東部にある荒池緑地は、早春にはしだれ梅まつりで賑わう農業センターを有する約60ヘクタールの豊かな自然が残る緑地です。現在「荒池なごやかファーム構想」により、里山の風景を大切にした整備を進められています。


(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.