ヒットサーチ

SEOの基礎学習と地域別に無料被リンクをプレゼントします!

★SEOの基礎から最短で安全に上位検索させるコツを伝授します!!


Googleも推奨するフレキシブル(リキッド)サイト!!

Googleは、どのデバイス(パソコン/タブレット/スマホ)で見ても「1つのHTML(同じURL)が可変して表示を最適させる技術」を推奨しています。これまでパソコン用・スマホ用と分散されていた評価が一点になるので、自ずとSEOにも効果的なのは間違いありません。
※HTML5の導入が必須となります。古いブラウザが非対応うなので都度チェックしてください。[2015/06/3]


サイトの「WWW有り・無し」について!!

どちらかを「パークドメイン」に設定し、もう一方を「301リダイレクト」にhtaccess内で設定すると、ランキングアルゴリズムが評価されない場合があるそうです。
※WWWの有無に関わらずアクセス(301リダイレクト)させましょう[2011/11/1]


ページの読み込み速度がランニングに影響する!!

米Googleは2010年4月より読み込み速度をランキングのシグナルとして利用されています。
※トップページは出来るだけテキストベースで構築しましょう[2011/10/28]


Googleページランクは過去(3、4ヶ月)で評価される!!

検索順位の最重要とも言える「サイト内のページランクの更新」は日々行われています。ですから、これからはサイトの内容を充実させ、且つ定期的な更新(テキストのコピーや転用はNG)を行い「正当な評価」を検索エンジンから貰うことが一番近道だと感じます。以前のように被リンクを貰うだけでページランクを上げられる時代は終わりました(笑) 。皆さんご承知の通り「ページランク=検索結果」ではありません。ページランクは「SEOで上げるもの」ではなく、正当な手法で「上がるもの」とお考えください。また、全く関係ないページランクが高い(4以上)サイトからリンクされるより、同じジャンル(地域名や業種など)にマッチングしたページランクが低い(1〜2)サイトからのリンクされることを意識して被リンク獲得に努めてください。
※外部からのリンク獲得ばかりに専念せず、内部もしっかり見直しましょう[2011/6/28]


Googleのスパム判定は3つのカテゴリに分類されている!!

厳密に言うと、サイト全体に大量な広告(アフィリエイトなど)が掲載されているサイト、アクセスによるインストール(スパイウェアなど)を自動的に行うサイト、ポップアップ(別ウィンドウによる広告・申込誘導)が必要以上に表示されるサイトなども、スパムと同様の判定を受けます。例えホワイトリスト(アルゴリズム変動の影響を受けないサイト)に登録されていても、これらの行為を行うとブラックリストへ追加される可能性大なのでご注意下さい。
※広告掲載の際は掲載仕様と量を少なめにしましょう![2011/4/20]


「検索クエリ・サイトへのリンク」の機能が強化されました!!

Googleウェブマスターツール内の検索クエリ・サイトへのリンクが強化されました!
中間リンク(リダイレクト)が追加され、さらに「すべてのリンクのダウンロード」が出来るようになりました。また、検索クエリもフィルタしやすくなりました。どんどん便利になるウェブマスターツール!!更なる進化が楽しみです!!
※SEOの極意はウェブマスターツールを極めることです! [2011/4/15]


Googleペナルティはサイトの順位変動でチェック!!

「突然順位が下がった!」と感じたら、順位でペナルティを受けたか否かを判断しましょう。
●10位前後の変動でしたら、日常的な変動なのでペナルティではないと思います。
●20位前後の変動も日常的な変動だと思って下さい。仮に「最近ページを再構築してから下がった!」という方は、最近増やしたサイト内・外のリンク辺りを疑ってみてください。
●30位以上の変動でしたら、ペナルティを受けた可能性「大」です。「過剰キーワード/隠しテキストや隠しリンク/過剰アンカーテキスト」が無いかをチェックして下さい。
※狙いを定めすぎると狙われるので、SEOはほどほどに! [2011/3/10]


Googleが検索アルゴリズムを大改訂!!

今回の大幅改訂の最大の撲滅ターゲットは「コンテンツファーム」と「スパム的コンテンツ=SEOスパムを駆使して上位検索されているサイト」です。検索クエリが11.8%になり、検索結果の上位(1P〜3P)には、コンテンツファーム&スパム系サイトが登場しなくなりました。
※とにかくスパム行為はNGということですネ。[2011/3/8]


タイトルがGoogle検索結果に反映されない!!

タイトルが反映されない原因は「タイトルの文字列が非常に短い」「タイトルの文字列がサイト全体を通じて共通して利用されている」「タイトルがキーワードの集合(羅列)になっている」などの場合、このような現象が起こります。プログラムでSEO対策する際によく見られる傾向なので、配列などを使って「各ページに異なった文章(タイトル)を入れる!」などして対策することを推奨します。
※皆さんキーワードの入れすぎにご注意して下さい! [2011/3/2]



このページの最上部へ戻る

ヒットサーチとは、どなたでも無料で利用できる「アクセスアップ支援+SEO学習」サイトです。
ウェブサイトを制作・運営する現場からリアルタイムに情報を発信いたします。ホームページをお持ちの方に喜ばれるコンテンツをどんどん増やしますので、当サイトをお気に入りに追加して下さい。



(C)copyright Hit-Search.com All rights reserved.